Contents

ホーム > 内祭

安産祈願・お宮参り・七五三

安産祈願
戌の日
子供は、神さまから“授かる”といい、神さまからの恵みと考えられてきました。妊娠五ヶ月目の戌(イヌ)の日に神社にお参りをし、安産を祈願し、帯祝いを行います。帯祝いとは、大切な子を授かった身に感謝し、岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯」をしめる習わしのことです。犬は多産で安産であることから、戌の日にお参りをする方が多いようです。
(授与品)お札・お守り・腹帯等
戌の日カレンダー
■平成29年戌の日カレンダー
1月 11(水)・23(月) 7月 10(月)・22(土)
2月 4(土)・16(木)・28(火) 8月 3(木)15(火)・27(日)
3月 12(日)・24(金) 9月 8(金)・20(水)
4月 5(水)17(月)・29(土) 10月 2(月)・14(土)・26(木)
5月 11(木)・23(火) 11月 7(火)・19(日)
6月 4(日)・16(金)・28(水) 12月 1(金)13(水)・25(月)
※赤い日は大安です
安産子宝
御祭神の息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は、八幡神を生んだ聖母神として、また、玉依姫命(たまよりひめのみこと)は、神婚によって神の子を宿し、子孫繁栄のシンボルとして合せ祀られており、そのご神徳は、安産子宝・子育てを中心として、勝運・開運・招福・悪病災難除け・方位除けなどです。
お宮参り
お宮参りについて

写真
セキウチフォトスタジオ
記念撮影についてはこちら

赤ちゃんが初めて神社にお参りするお宮参りは、氏神さまに誕生の奉告と御礼をし、氏子として今後の健やかな成長を神さまに見守ってもらうようにと祈願するものです。男の子は生後三十一日目、女の子は生後三十三日目にお参りするのが一般的ですが、地域によって異なることがあります。あまり日数にこだわらず、赤ちゃんの体調や天候にも気をつかい、最良の日を選んでお参りをするのが良いでしょう。
(授与品)お札・お守り・お食初めの箸・でんでん太鼓等
七五三
七五三について
三歳の男女児・五歳の男児・七歳の女児は、晴れ着を着て、家族そろって神社にお参りし、これまでの無事成長を神さまに感謝し、これからの健やかな成長をお祈りします。 七五三はこの年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、三歳の「髪置」・五歳の「袴着」・七歳の「帯解」の祝いがありました。「髪置」は、男女児ともの行われた儀式で、この日を境に髪をのばし始めました。また男児は「袴着」で袴を着け始め、女児は「帯解」で、それまで付け紐で着ていた着物から、帯でしめる着物にかえました。七五三は数え年で行いますが、今では、満年齢で行うところも多くなりました。
<千歳飴> 七五三には欠かせない千歳飴には、鶴・亀・松竹梅などのめでたいものが描かれています。子供の幾久しい健やかな成長を祝い願って、千歳飴と名付けられています。 当社では、七五三祈祷を申し込まれたお子様に、千歳飴をご用意しております。
(授与品)お札・お守り・千歳飴・神話の絵本・等
平成29年 七五三年齢表
祝い年 満年齢 数え年
三歳(男女) 平成26年生まれ 平成27年生まれ
五歳(男子) 平成24年生まれ 平成25年生まれ
七歳(女子) 平成22年生まれ 平成23年生まれ

※七五三詣は満年齢・数え年どちらでお祝いされてもかまいません

衣装・記念撮影についてはこちら

記念撮影についてはこちら

各種お守 領布しております。
身守(身体健全)・厄除・交通安全・安産・病気平癒・学業合格・旅行安全・縁結び等




お守り お守り

巾着身守

ふくろう守

お守り お守り

ランドセル守

勝守



内祭

外祭

ご案内

今月の大安
≪7月≫
6日(木)・12日(水)・18日(金)
28日(金)
≪8月≫
3日(木)・9日(水)・15日(火)
21日(月)・26日(土)



携帯電話に地図を送る

QR左のバーコードを
読み取って簡単アクセス

ページ上部へ