安産祈願

戌の日

子供は、神さまから“授かる”といい、神さまからの恵みと考えられてきました。妊娠五ヶ月目の戌(イヌ)の日に神社にお参りをし、安産を祈願し、帯祝いを行います。帯祝いとは、大切な子を授かった身に感謝し、岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯」をしめる習わしのことです。犬は多産で安産であることから、戌の日にお参りをする方が多いようです。
(授与品)お札・お守り・腹帯等
令和3年
1月 (睦月) 2(土/大安) 14(木/先勝) 26(火/先勝)
2月 (如月) 7(日/先勝) 19(金/友引)
3月 (弥生) 3(水/友引) 15(月/仏滅) 27(土/仏滅)
4月 (卯月) 8(木/仏滅) 20(火/大安)
5月 (皐月) 2(日/大安) 14(金/赤口) 26(水/赤口)
6月 (水無月) 7(月/赤口) 19(土/友引)
7月 (文月) 1(木/友引) 13(火/先負) 25(日/先負)
8月 (葉月) 6(金/先負) 18(水/大安) 30(月/大安)
9月 (長月) 11(土/赤口) 23(木・祝/赤口)
10月 (神無月) 5(火/赤口) 17(日/友引) 29(金/友引)
11月 (霜月) 10(水/先負) 22(月/先負)
12月 (師走) 4(土/大安) 16(木/大安) 28(火/大安)

 

安産子宝

御祭神の息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は、八幡神を生んだ聖母神として、また、玉依姫命(たまよりひめのみこと)は、神婚によって神の子を宿し、子孫繁栄のシンボルとして合せ祀られており、そのご神徳は、安産子宝・子育てを中心として、勝運・開運・招福・悪病災難除け・方位除けなどです。